プロミスで審査を受ける際の注意点

キャッシングの際の審査に通過するために、確認しておきたいことがあります。まずは総量規制、年収の3分の1以上はお金を借りることができません。

 

初めてお金を借りる方は、300万円の年収であれば、100万円まで借りられますが、他の金融業者に返済しなければならない借金が50万円残っていれば、新たに借りられるのは50万円までです。
ただし、車や住宅ローンはカウントされませんので、安心してください。

 

次に、プロミスに申し込むと同時に他の金融業者にも申し込むことはしないでください。ネットなどではやろうと思えばできることなので、ついやってしまいがちですが、滑り止めのような感覚で複数の業者に申し込むと裏目に出る可能性が高くなります。

 

申込み情報は信用機関にリアルタイムで記録されています。審査の際に信用機関への問い合わせを行うのが常識となっていますから、複数の業者から借金をしようとしていることはバレてしまいます。このような人を「申込みブラック」と呼び、よほどお金に困っていて、貸しても回収できない可能性があると思われてしまいます。
結果がでるまでは次の業者への申込みは控えるべきです。

 

 

 

 

【債務整理しちゃう?】借金返済できない時は法律事務所にまず相談を

 

プロミスの審査の特徴

3秒診断で借入可能と診断されると、いよいよ本審査の申込みに移行します。ここでは申請者の多くの情報を入力することになります。
とにかく正直に申告することが大切です。

 

収入や勤務先のこと、申請者自身のことなどが中心になります。細かい項目の中には「固定電話の有無」や「給料日」、「結婚しているか」など、借入とは関係がないのでは?と思えるような項目まであります。

 

固定電話などは無いよりはあった方が審査に有利と言われます。また結婚していれば自由に使えるお金があるかどうかの判断ができます。
もちろん既婚者のほうが審査は有利のようです。

 

どの項目も審査判断の重要な材料となります。ウソをつかず誠実に答えることが審査通過のポイントです。

とても便利

プロミスで実際にお金を借りるとわかるのですが、とても便利です。
まず借りるときですが、パソコンかスマホから申込みが可能です。
審査はスピーディ、平日の14時までにWeb契約を完了すれば、即日融資ができます。面倒な書類の提出も写メでサクサクっとできてしまいます。

 

ネット申込の場合、融資してもらうお金は指定の銀行に振り込んでもらえるので、ATMから引き出すことが可能です。プロミスでは大手のコンビニと提携しているのでコンビニのATMから引き出すことができます。ですから銀行のATMを探す必要がなく、夜中でもコンビニから引き出すことができます。こういったサービスはプロミスだからできることです。

 

融資枠内なら銀行やコンビニATMから何度でも借り入れが可能です。あまりにも簡単なので自分のお金を引き出していると勘違いしてしまいそうですが、これは借金です。

 

無計画に1万、2万と借りているとトータルいくら借りているか分からなくなってしまうということにならないよう、セーブしないといけません。まともな借入の範囲としては月収の1/5ぐらいに抑えるようにしましょう。

闇金の取り立て対策・闇金問題解決はこちらを参考に

プロミスなど大手貸金業者のメリット

大手貸金業者でお金を借りるメリットとは、どんなものがあるのでしょうか。お金を今すぐ借りたい人にとっては審査や契約というのは面倒なものです。さっさと済ませて早く現金を手にしたいと思っているはず。

 

店頭に出向いたり、無人操作機などより早いのがWeb融資です。大手の金融業者はWebでの審査や契約の環境が整っていて、使いやすく簡単ですので、誰でも利用できます。また最近のスマートフォンからもアクセスできることから年代を問わず利用者が増えています。

 

プロミスは三井住友銀行系の消費者金融です。銀行系ですから、資金力が豊富で経営も安定しています。低金利での融資も可能で、借りる側の安心感は保証できます。

 

借入額が大きいほど金利が低くなる仕組みがあり、最低金は最高限度額に適用されることになっています。
プロミスの金利は6.3%〜17.8%ということで、限度額は最大300万円です。総量規制を当てはめると年収900万円の人が300万円の借入ができるということになります。

 

プロミスでは他にはマネできない、最高金利17.8%を提示しています。
これも大手でないとできないことではないでしょうか。

更新履歴