何でも結果を待つというのは、気持ちが落ち着かないものです。

たとえそれがアコムの申し込み審査の結果だったとしてもおなじです。そもそも消費者金融にお金を借りる方は、身の回りにお金がなくて、誰にも借りる当てもない、わらをもつかむ思いで申し込みされていると思います。しかし、誰でも審査にとおるものではありません。最高審査通過率といわれる「 アコム 」でも、50%を下回っていて、およそ2人に1人しか通りません。一か八か?!といっても過言でないでしょう。審査が通れば、運がよかったとも言えるべき、決して甘いものではありません。ほとんどの消費者金融会社が、審査をするにあたって基準を設けていますが、その中でも、審査に通りにくいといわれる人というのは、お金を返す信頼度が低いかたになります。たとえば、自営業の方です。収入が安定していても、通らないこともあります。もっと詳細な手続きを要することもあります。企業に雇われているサラリーマンより収入があっても、不利だといえるでしょう。また、当然のことながら専業主婦や、無職の方、年金受給者、未成年の方は審査以前の問題で、申し込むことができません。なので、パチンコなどのギャンブルで収成形を立てている方もダメです。しかし、まだ給料はもらっていないけど、入社数日で、勤務先にの在籍確認が取れていれば、審査が通ることもあります。反面、勤続年数は5年以上、年収も500万円以上あるのに、審査に通らないこともあります。この場合、個人が過去が現在進行形で借入れの事故暦があることと思われます。

 

アコムの審査に通らない人

永作博美さんのCMでもおなじみの、アコムですが、アコムでキャッシングする場合、だれでも審査が必要になります。審査に通った方が、借入れできるシステムです。これは、どこの消費者金融会社でもおなじですが、20歳未満の未成年の方や、70歳以上の方は、審査に通りません。未成年の方が親の同意書をもって申し込んでも不可能です。また、70歳以上のかたなら年金を受給している年齢です。事業失敗したり、ギャンブル、借金の肩代わりなどで高齢者の方も借金をする方がいますが、お金を借りなくても生活していけるように、若いうちにプランを立てておかなければいけません。若いときの借金は、働いて返すことが見込めますが、70歳以上ともなると、働く先を見つけるのでも困難でしょう。
アコムの審査に通る条件は、安定した収入があって、きちんと返済できる人です。人にお金をかす業種とはいえ、アコムも商売です。貸し付けた利子があってこそ成り立つ商売なので、いくら収入が多くても、法律できまっている年収の3分の1を超えた貸付はできないことになっています。また、今は借り入れてなくても過去にお金の返済を延滞していた人は、きちんと返済してもらえる信用がありません。逆に、勤続年数は数ヶ月しかないけれど、返済できる見込みがあると判断されれば、審査に通ります。収入と支出のバランスが取れていて、きちんと返済できるかが審査の鍵となります。