会社員の借入のケース

プロミスでは最初の借り入れの時に、審査があります。この審査ではその人の経済状態がチェックされます。一般の会社員ならば、プロミスの審査をまず通過するでしょう。毎月決まった収入がある会社員です。信頼度は高いです。お金を借りたところでも、翌月には給料が入るわけですから、十分返済能力があると認められるでしょう。しかし、そんな会社員の中にも
要注意なことがあります。それは他社からの借り入れがある人です。借金があるのに、更に借金をするケースは、
借金が雪だるま式に増えていき、自己破産や債務整理となってしまう可能性があるのです。もしも
そのような事になれば、金融機関にとっては損失となってしまいます。このような事態は避けたいと考えています。そのために金利を下げるところもあるようです。
もうひとつ、サラリーマンでも、ギャンブル好きな人は
貸せないケースもあるようです。ギャンブルが好きな人は、手持ちのお金を全てつぎ込む傾向があります。お金が底をついてしまって初めて消費者金融を尋ねてきます。そのような人の中には、消費者金融で借りたお金すらギャンブルにつぎ込む人がいるのです。確かな収入がある会社員であっても、とてもだらしのない人と言えますね。

大手消費者金融のプロミス

消費者金融でお金を借りる際に、どこで借りればいいのでしょうか。消費者金融といっても現在沢山の会社があります。テレビCMで有名なプロミスやアコム、他にもアイフルやレイクなど知名度が高い業者すらいくつもあります。これらの大手消費者金融以外に、中小の業者も沢山あります。そんな中でどこを選べばいいのでようか。大手の消費者金融ですと、そんなに変わりはありません。ある会社では審査が通り、別のある会社では審査が通らないということも、ほとんどありません。多少ではありますが、プロミスは借りやすい、審査が甘いなどと評判がありますが、本当のところははっきりしていません。これは個人個人で経済状態が違いますから、比較すること自体難しいのです。大概の消費者金融は同じような審査基準を設けています。また、過去に金融事故を起こしていたならば、ブラックリストに名前が載っていますから、借りられません。このリストはどの消費者金融にも流れていますから、どこへ行っても同じ扱いを受けることになります。もしも、あちこちの消費者金融で断られていた人が、借りることができるところが現れたとしてならば、そこはとても危険な消費者金融と言えます。普通はお金を持っていない人には貸さない、返す当てのない人にも貸さないのが原則です。しかし、そのような人にお金を貸す業者というのは、普通の業者ではありません。十分に注意が必要です。そんな状況も考えると、やはりプロミスのような大手の金融業者は安心できますね。