プロミスの審査、年齢について

消費者金融でお金を借りる場合には審査があります。審査というのは、一般の銀行でも勿論あります。返すことができる人にしか、お金は貸さないのが大原則です。そのために、借りたい人が返す能力があるのかどうか判断しなければいけません。消費者金融からお金を借りる場合の基準は銀行などよりは甘いとされています。しかし、その分、金利が高くつくことは理解しておきましょう。返す時に、この金利の差が重くなることは仕方がないことです。もしもそれが嫌ならば、銀行からお金を借りればいいのですから。銀行では借りれない人が、審査の甘い消費者金融に流れてきているのです。さて、銀行よりは審査が甘いとされている消費者金融ですが、大原則とてやはり返す当てのない人には貸しません。そのために消費者金融にも審査基準が設けてあります。大手業者のプロミスの審査をみてみましょう。まずは、年齢です。20歳未満の未成年者には貸せませんとなっています。また逆に、69歳を越える高齢者も審査基準には満たないのです。この
年齢条件で引っかかってしまう人たちは、プロミス以外のどこの消費者金融でも借りることはできません。この年齢の基準は、働いているか、どうかを表しているのです。
20歳を超えていても学生ならば、基本的に収入がありませんから、プロミスの審査は受けられないでしょう。高齢者も同じく、会社を引退しているとみなされているのです。年齢は最初の関門と言えます。ただ、確実に仕事に就いている人ならば、お金を借りる必要もないのでしょうね。

消費者金融でお金を借りる人は、収入以上に支出が多い人と言えます。

銀行などではお金が借りれない人も消費者金融を利用する人と言えます。このような人はお金の概念が普通の人と、少し違うようです。持っているお金で、若しくは収入の範囲内で生活をするということができない、しない人なのです。そのような生活を繰り返していくと、お金が不足するのは目に見えていますね。お金が無くなった当初は、消費者金融でも比較的借りやすい状況と言えます。ですからプロミスなどの大手の消費者金融などでは、簡単に簡単に審査が通り、そうして簡単にお金を借りてしまうのでしょう。しかしその借りたお金、そして利息を返す当てはあるのでしょうか。あれば早々お金を借りる必要もないのではないでしょうか。返す当てがないのに借りてしまった場合には、その後、借金を返すために、また借金をすることになります。その後は多重債務に陥ることでしょう。このような流れにならないようにしなければいけません。消費者金融でお金を借りる前に、生活をまず改めることが大事です。お金を極力使わない生活です。もちろんギャンブルなどは止め、贅沢な生活も見直し、質素な生活を送るようにしなければいけません。消費者金融は上手く利用すれば自分の生活の救いになるケースもあるでしょうし、逆に、自分の生活を更に苦しくするケースもあるのです。初めて消費者金融でお金を借りようとする時には十分考えて行動するようにしましょう。